雛人形大集合!

淡いピンク色の衣装に桜が舞い落ちているところをイメージした雛人形の親王飾り

雛人形どんなものにしたら良いんだろう・・・。
雛人形ってどんなものがあるんだろう。。。そんな迷える人たちを強力にサポートする専門情報サイトです。

インターネットで雛人形を調べる

雛人形店ウェブサイト全国マップ 北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 新潟県 福島県 群馬県 栃木県 茨城県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 静岡県 山梨県 長野県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 愛知県 三重県 和歌山県 奈良県 大阪府 滋賀県 京都府 兵庫県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 徳島県 高知県 愛媛県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 雛人形取り扱い店舗様もしくは雛人形情報サイトの紹介です。ぜひ雛人形選びの参考としていろいろネットサーフィンしてください。

ホームページでの雛人形探しは、家にいながら情報を集められる簡単な方法のひとつです。また、規模の大きい雛人形関連ホームページでは、取り扱い商品種類が多いのも特徴です。様々な雛人形を見て探すことができます。さまざまな雛人形に関する情報も入手できることと思います。

お店に実際に足を運んで選ばれる人も多いと思いましたので、地域別に分けて表示をしています。良い雛人形に巡り合えるといいですね。

随時、サイト登録を募集しています。もちろん登録は無料です。どうぞよろしくお願いします。

ひな人形を足を運んで探す

あなたの街にも販売店はあります!ここでお探しください。全国で雛人形を取り扱っている販売店を片っ端から掲載しています。ホームページを持つ持たないにかかわらず、また登録を希望された店舗も掲載していますので、豊富な情報量です。電話帳代わりにお使いください。沢山のお店に足を運んで知識を増やせば増やすほど雛人形はわかるようになります。この販売店一覧への掲載希望は申請フォームからお願いします。

雛人形あれこれ

雛人形・雛祭りの歴史・由来

雛人形は日本の五節供のひとつ上巳の節供(=桃の節句)に飾られる女の子のお守りを目的とした人形です。五節供というのは、1月7日の七草の節供(人日の節供)、3月3日の桃の節句(上巳の節供)、5月5日の菖蒲の節句(端午の節句)、7月7日の星祭り、9月9日の菊の節供(重陽の節供)の5つの節供を指し、おわかりの通り、節供は節句とも書きます。農耕民族である日本の風習で、豊穣祈願のお供え物をした区切りの日です。

桃の節句は上巳の節供ともいい、3月始めの巳の日を指し、平安時代、宮中で風流な遊びとして、水に杯を浮かべて、身の穢れを払う目的で曲水という宴が開かれていました。曲水の宴の風習が、後に、穢れを人形へうつして川や海に流す巳の日祓へと変化していきました。この祓いの人形が女の子の間でひいな遊びとなり、人形が豪華になるにつれ、川へ流すことを止め、置いて飾るようになったのが雛祭りの由来であり、雛人形の由来でもあります。(引用 - ひな祭りの歴史や由来

雛人形の種類

雛人形の種類には、大雑把に分けて、七段飾り・五段飾り・三段飾り・親王飾りがあります。七段飾りは十五人飾りともいい、お雛さま、お殿様、三人官女、五人囃子(ごにんばやし)、随身(ずいしん)、仕丁がおり、雪洞(ぼんぼり)、屏風、桜橘、三宝(さんぽう)、丸餅、菱餅、お膳揃い、茶道具、火鉢、衣装袋、針立て、鏡台、長持、箪笥(たんす)、牛車(ぎっしゃ)、重箱、お籠の嫁入り道具など一式が揃った飾りです。五段飾りは多くの場合、十五人飾りと人形の数は同様で、七段飾りの下の二段が省かれた、すなわち茶道具、火鉢、衣装袋、針立て、鏡台、長持、箪笥、牛車、重箱、お籠が無く、七段飾りの上から五段をそのまま飾ったものです。三段飾りは五人飾りともいい、通常、お殿様、お姫様、三人官女が揃い、雪洞、桜橘、三宝、丸餅、菱餅、牛車、重箱、お駕籠を、三段に飾ります。親王飾りは、平飾りともいい、お殿様、お姫様のふたりと三宝、雪洞、桜橘、菱餅を飾るのが一般的です。

また、布地で衣装を作り、胴体の芯に着せつける人形を衣装着(いしょうぎ)といいます。それに対して、樹脂や桐塑のボディーに生地を木目込む、京都の賀茂を発祥とする木目込み人形でお雛様を表したものもあり、ふたりだけの親王飾りから、十五人揃った十五人飾りまで様々です。

最近では、飾り台を箱型にして、その中へ人形やお道具をしまう『収納飾り』が現われ、いままでかさばった収納をコンパクトに収めることができるタイプの雛人形がでてきました。ただ、コンパクトに収めるため、あらゆるものを詰め、人形の型崩れが起きやすかったりするので注意が必要です。この収納飾りは、主に親王飾りか三段飾りで採用され、収納箱が大きいと運搬が困難になるので、飾り幅が70cm程度にまで抑えてあり、小さいお雛様を中心に飾るようになっています。他には、布のハギレを使って簡単に作ったひな人形や、折り紙で作ったものなど様々な形で雛人形は愛されています。(引用- 雛人形情報満載

木目込み人形

木目込み人形は、今から約二百五十年ほど前、江戸時代の元文年間に、京都の賀茂神社の雑掌高橋忠重が工夫したものと伝えられ、賀茂人形または加茂川人形などとも呼ばれています。賀茂人形は木彫りの土台に刻み目をつけて、刻み目の溝に糊を入れ、ちりめんあるいは綿などの布地の端を、目打ちでもって木目込んで作りました。布地を木目込むことによって、実際に縫った衣装を着せたのと同じ味わいを出しているのが特徴で、現在では木彫りではなく、量産のため主に樹脂に溝の入った胴体を形成しています。またごく一部では『とうそ』と呼ばれる木の粉を糊で固めた胴体を形成し作った木目込み人形もあります。

雛人形の選び方

『雛人形の質を重視しましょう』とか『雛人形の飾るスペースを考えて形式を決めましょう』などの意見は、とても大切でどこでも誰でもアドバイスすることです。しかし、もっと大切なことがあると思います。娘さん(もしくはお孫さん)が好きになってくれるおひなさまを選ぶことです。ほとんどの子供は『雛人形は大ききければおおきいほどよい。』、『沢山人形が揃っているほど楽しい。』と思うようになりますので、親の『邪魔にならない程度に小さく、飾るのがめんどくさくないのがよい。』という意見とどう折り合いをつけていくかもひとつのポイントです。親から見れば、きれいで美しい御雛様でも、子供の目から見ると、寂しかったり、楽しくなかったりすることもあります。そうはいっても、お母さんが、毎年楽しくルンルンで一緒に雛人形を飾るのを楽しみにしているのを見た娘さんは、きっと同じように御雛様を好きになってくれるものです。やっぱり、そんなお母さんを見て、お母さんからの愛情を感じ、大きくなっていきます。それこそが一番大切な事だと思います。存分に、迷ってください(笑。(引用 - ありきたりでない雛人形の選び方

雛人形の供養・処分・廃棄

雛祭りの楽しい思い出の残る雛人形です。またお守りとしての身代わり人形とも云われているため、処分に困り、廃棄できないと聞きます。今まで大切にしてきたおひなさまですから、ゴミにポイッと捨てるわけにはいかないと多くの人が考えています。そんな処分に困った、飾らなくなった雛人形は、近くの神社や、寺院に持っていきましょう。多くの神社・寺院では、人形の供養を受け付けてくれるはずです。また、毎年、日を決めて盛大に供養祭を行う寺院や神社もあります。内容は、人形をまとめて集め、御祓いをして、昔はその場でお焚き上げをしていましたが、最近では、専門の業者が供養祭の後、引き取っていきます。